歴史と沿革

rekisi 昭和6年
「大西体育堂」の社名で体育器具メーカーとして発足。

apace_4
rekisi 昭和26年
「大西体育株式会社」に改名 (日本国東京都豊島区椎名町五丁目二-五三番地)
現在の豊島区南長崎3丁目にて開業。国民体育大会使用の主要器具メーカーとしての認定工場に指定を受ける。
apace_4

rekisi 昭和28年
「巧技台」を商標登録 登録番号 商標登録第451999号
apace_4

rekisi 昭和32年

「大西体育株式会社」より「オオニシ体育株式会社」へ改名。
同年 商標登録 登録番号 商標登録第1557476号
apace_4

rekisi 昭和36年
体操用ボックス・ビーム 特許出願
体操具におけるボックスとビームの連結改良し構成を簡易化。
同年、特許実願    体操及び体育用器 巧技台
名称の由来は、器械運動を功技(Stunts)と言われていたところから
各種の器械に組立てられるセットという意味で巧技台と命名。
大手幼児メーカー各社を通じ全国幅広く当社の器具が普及
幼児期発育運動に貢献。
apace_4

rekisi 昭和40年

apace_4
オオニシビル竣工式  当時の製品カタログ          製品に打ちつけられていた社名版

学校体育器具(バスケットゴール)公園遊具(鉄棒・ブランコ等)当社所在地である豊島区にとどまらず、
都内・他県にわたり広く施工。
apace_4

rekisi 昭和51年

「八転び七起きの随筆」発行 著者/創業者 斎藤公三郎
              印刷/製本   文化印刷
apace_4

Copyright© 2013 オオニシ体育 株式会社 All Rights Reserved.

〒171-0052 東京都豊島区南長崎3-38-10
電話:03-3951-4922(代表) FAX:03-3952-4970